News

STÜSSY HOLIDAY ‘18 GRIND MAGAZINE EDITORIAL WITH POPCAAN

update:18.11.16

 

 

Grind Magazine VOL.88にて、Stüssy Holiday 2018コレクションを着用したPopcaanをフィーチャー。トロントで撮影された本企画のスタイリングはTom Guinness、写真はLiam MacRaeが撮影。St. Thomas生まれのダンスホール界のヘビー級ヒーローがビビッドなタイダイワークシャツ、ツイードビーチパンツ、定番のカモフラージュのミリタリーシャツ、エレクトリックブルーのアルパインパンツ、そしてトーナルカラーのチェック柄のダウンジャケットなどを着用。 Stüssyが初めてPopcaanを起用したのは、2016年発行のStüssy Biannual Vol-7だ。

 

Popcaanのキャリアは2007年にVybz Kartelのポッセに参加したことから始まり、2010年にKartelのマッシブヒット”Clarks”にフィーチャリングされ、正真正銘のスターとなった。そして”Ravin”、”Party Shot”、”Only Man She Want”とたて続けにソロのヒットを飛ばし、ブルックリンのMixpak Recordsと契約を交わした後、レーベルのリーダーであるDre Skullの余分な要素を省いたシンプルなプロダクションが多く見られるアルバム”Where We Come From”をリリース。このアルバムはアメリカのメインストリームのオーディエンスからダンスホールへの共感を得ることに成功した。それ以来、彼の特徴的なハイピッチボーカルはDrake、Pusha T、Jamie xx、Gorillazなどとの曲に残されている。彼の最新アルバム”Forever”は2018年7月にリリースされた。

 

Popcaanのカリビアンルーツと活気に満ちてジャンルを捻じ曲げたサウンドは、Stüssyのクールでリラックスしたカルフォルニアのルーツと抜群の相性を醸し出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photography:
Liam MacRae

 

Styling:
Tom Guinness

 

Model:
Popcaan

Share on Facebook