News

STÜSSY HOLIDAY ’18 LOOKBOOK

update:18.10.27

 

 

Holiday 2018 コレクションにおいてStüssyは一つ前のシーズンの独創的なコレクションをベースにして作り直す形を取っている。今コレクションのバックボーンはワークウェアであり、ホリデーシーズンは一年の中で最も気温の低いシーズンであるため、従来から身を守る事を目的としたワークウェアがコレクションのメイン・テーマとなっている事は理にかなっている。 ミリタリーから一般的な作業着までにおけるユニホームのディテイルは明らかなインスピレーションであるが、今コレクションのアイテムはまるでHunter S. Thompsonの目を通して再構築されたかのようである。

シンプルなZipped Work Shirtに鮮やかな色が与えられている所や、ロココ期のフランス宮殿の壁の様な模様が施されたスエットパンツなどを見るとこの二面性が明らかだ。ヘビーウェイトのコーデュロイを使った鮮やかなマッシュルームパターンや、暖かいポーラーフリースを使ったゼブラ・ストライプ、そして人物大のチェスボードから飛び出してきたようなダウンジャケットに見るチェッカー・パターンなどが例に挙げられるが、丈夫で普遍的に愛され続ける生地に落とし込まれる美しいサイケデリックなイメージなど様々なパターンにおいてStüssyは他社との違いを発揮する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Art Direction:
Edward Quarmby

 

Photography:
Liam MacRae

 

Styling: 
Tom Guinness

Share on Facebook