News

STÜSSY PRESENTS STONES THROW 20TH ANNIVERSARY JAPAN TOUR

update:16.11.04

 

 

 

 

1996年のレーベル設立以来、ヒップホップを軸にそのオリジナルなスタイルでジャンルを飛び越えて常にグローバルなシーンに刺激を与え続けてきたLA発―世界最高峰インディレーベル:Stones Throw。今回はLA、デトロイトからJ.Rocc、Karriem Riggins、Guilty Simpson (*東京/大阪)、Matthewdavid (*東京)、Teebs (*東京)、現在と未来を象徴する5人のアーティストが揃って豪華来日!更に、メインとなる11/19(土)の東京公演@Sound Museum Visionでは、 レーベルと所縁の深い国内実力派アーティストも一挙集結する!過去に類を見ない超豪華ラインナップで、 歴史に残る奇跡の一夜となることは間違いない。

 

 

11.18 (FRI) NAGOYA at JB’S

with  J.Rocc | Karriem Riggins and more

Open : 21:00

Adv : ¥3,000 / Door ¥3,500

 

11.19 (Sat) TOKYO at SOUND MUSEUM VISION

with  J.Rocc | Karriem Riggins | Guilty Simpson | Matthewdavid | Teebs | Muro | Seiho and more

Open : 22:00

Adv : ¥3,300 / Door ¥4,500

Ticket : e+

 

11.21 (MON) SENDAI  at SHAFT

with  J.Rocc | Karriem Riggins | Mitsu The Beats | Mu-R | 6th Generation

Open : 20:00

Adv : ¥3,000 / Door ¥3,500 (共に + 1D fee)

 

11.22 (TUE|祝前) OSAKA at CIRCUS

1st : “Stones Throw Special Live Showcase”

with Karriem Riggins (Drums | Beats) x J.Rocc (Turntables | DJ) x Guilty Simpson (Rap Showcase)

Open : 19:00  Close : 23:00

Adv : ¥3,500 / Door : ¥3,800  (共に + 1D fee)

Ticket : Ticket PIA P-CODE(312993) / e+ / Lawson Ticket (L-Code 57532) / peatix

※Limited 200 tickets for both access to 1st: Live Showcase + 2nd: All-Night DJs Party


2nd : “Stones Throw All-Night DJs Party”

with J.Rocc and more

Open : 24:00

Door : ¥3,500  (+ 1D fee)

 

 

Stones Throwの20周年を記念したStüssy共同製作のコラボレーション第2弾がリリースされる。オリジナルフォントによるStones ThrowのロゴとSSリンクをボディと同色のブラックでバックプリントしたコーチジャケット、Sophia Changがアートワークを手掛けたスクリーンプリントTシャツというラインナップ。いずれも前回同様、購入者にはもれなくノベルティのミックステープ付きで、今回はStones Throwを代表するDJのJ.Roccが選曲及びミックスを担当。A面がStones Throwのカタログから選曲しミックス、B面がJ.Roccの未発表曲を中心に自身のトラックのみでミックスしたエクスクルーシブな内容だ。カセットテープにはダウンロードコード付きのスペシャルエディション。

 

Stones Throw 20th Anniversary Japan Tour Coach Jacket | Black | ¥19,500+tax

 

 

Stones Throw 20th Anniversary Japan Tour Tee | White, Black | ¥6,000+tax

 

 

 

Stones Throw 20 Years – Stüssy Mixtape by J.Rocc (Include. Download Card)

 

 

発売日 : 11月5日(土)

 

取扱店舗 :

原宿、新宿、代官山、仙台、名古屋栄、名古屋名駅、大阪南、大阪梅田

WEB CHAPTER

 

 

 

 

J.Rocc /ジェイ・ロック from LA (Stones Throw/Beat Junkies)

-DJ / Turntablist-

 

ダイナミックでファンキーなパフォーマンスで世界中に熱狂的なファンを持つ南カリフォリニアが生んだレジェンドDJ、ファンキー・プレジデント: J・ロック。

92年にビート・ジャンキーズを立ち上げ、97年、98年に渡ってITFワールドチャンピオンに輝く。ターンテーブリストとしてのスキルとクロスオーバーな音楽スタイルをミックスしたワン・アンド・オンリーなオリジナルDJスタイルを確立している。2011年にオリジナル・アルバム『Some Cold Rock Stuf』をStones Throwからリリース。現在はUSやヨーロッパでのプレイも頻繁に行いながら、マッドリブやブラックスター (モスデフ/ヤシンベイ + タリブクウェリ)のライブDJとしても活動。また、今年2016年からドクター・ドレーとApple Musicのラジオ番組Beats 1 Radio ”The Pharmacy”のレジデントDJに就任し、さらに活動の幅を広げている。今回は特別に自身のDJセットはもちろん、カリームリギンスとのコラボライブ、ギルティ・シンプソンのライブDJもすることが決定した!

 

Video : J Rocc Boiler Room London DJ Set

 

 

 

KARRIEM RIGGINS カリーム・リギンス from Detroit (Stones Throw)

-Drums + Beats Live-


デトロイトが誇るレジェンド・ドラマー、そしてヒップホップ・プロデューサーという二つの顔を持つ唯一無二の存在: カリーム・リギンス。

ハービー・ハンコック、ドナルド・バード等、伝説的アーティスト達とライブやレコーディングで関わり、 ここ数年はポール・マッカートニーやダイアナ・クラールのライブバンドメンバーとしても活動している。一方でカニエ・ウエストやコモン、エリカ・バドゥ、等数多くのヒップホップやR&Bアーティストのプロデュースも手掛けている。同郷の故J・ディラと長く制作を共にしてきた唯一のパートナーでもあり、またマッドリブともユニット: シュプリーム・チームを組みYNQのアルバムなどでも共作している。2012年に初のフルアルバム『Alone Together』を<Stones Throw>からリリース。今年2016年には、カニエ・ウエストの最新アルバムでのプロデュース参加、また10月にリリース予定のコモンのニューアルバムでは全曲プロデュースを手がけている。そしてStones Throwから待望のソロ・ニューアルバムも11月にリリース予定である。

今回の来日ツアーでは、自身のビートとドラムを駆使したソロ・ライブセット、そして今や伝説化したライヴショーケース、ターンテーブリスト: J・ロックとのスペシャル・ライブセッションを披露する!

 

Video : Karriem Riggins – J. Dilla the greatest

 

 

 

Guilty Simpson / ギルティ・シンプソン from Detroit (Stones Throw)

-Rap Showcase-

 

初来日!エミネムやスラム・ヴィレッジらとともにデトロイトのヒップホップシーンを築き上げ、生前のJ・ディラから絶大な信頼を寄せたデトロイト屈指の実力派ラッパー: ギルティ・シンプソン。

ギルティ・シンプソンはクールGラップやビッグ・ダディ・ケイン等に影響を受けながら、デトロイトのローカルシーンでJ・ディラ、スラム・ヴィレッジ、エミネム、D12等とともにシーンを築き上げてきたデトロイトを代表する実力派ハードコア・ラッパーだ。J・ディラの秘蔵っ子MCとして制作を共にし、J・ディラのアルバム『Ruff Draft』や、『The Shinning』、ジェイリブ (J・ディラ + マッドリブ)のアルバムにもフィーチャーされシーンに衝撃を与えてきた。Stones Throwからは、2008年にフルアルバム『Ode to the Ghetto』、2010年にマッドリブとのコラボ・アルバム『OJ Simpson』、2015年にはクエイカーズとのタッグで3枚目のフルアルバム『Detroit’s Son』をリリースしている。

今回の初来日ショーケースでは、J・ロックとのスペシャル・ジョイント・ライヴを披露する!さらに同郷デトロイトのカリーム・リギンスの参戦で、3人が敬愛するJ・ディラへのトリビュートともなる奇跡のライブショーケースが実現するかもしれない!

 

Video : Guilty Simpson – The D (Official Video)

 

 

 

TEEBS / ティーブス from LA (Brainfeeder)

 

LAを拠点に、エレクトロニックやビート・シーンで注目を集める新世代プロデューサー/ビートメーカー、そしてアート・クリエーターでもあるティーブス。元ルームメイトでもあったフライング・ロータス主宰のレーベル<Brainfeeder>より、これまで『Ardour』(2010)、『Estara』(2014)の2作のアルバムをリリース。また、プレフューズ73とのコラボ・プロジェクト: サンズ・オブ・ザ・モーニングでもアルバム『Speak Soon – Volume One』(2013)をリリースしてきた。ライブもLAのフューチャー・ベース/ビート・シーンを代表するイベント<Low End Theory>でも知名度を上げてきた。さらに、過去に日本でも個展やライブ・ペイントのイベントを開催するほどのアート・クリエーターとしても活躍し、ストリート・カルチャーやアート・シーンでも絶大な人気を誇るマルチな才能の持ち主である。今回の2年半ぶりの来日では、LAのクリエイティブなミュージック・コミュニティで繋がっている盟友: マシューディヴィッドと共にLeaving Recordsフロアのスペシャルゲストとしてライブセットを披露することが決定した。

 

Video : Teebs Live Set and Q & A Boiler Room London

 

 

 

Matthewdavid / マシューデイヴィッド from LA (Leaving Records / Brainfeeder)

 

米ジョージア州アトランタ出身で、現在はLAを拠点に活動。幻想的で独創的な世界感で、サイケデリック x ソウルフルなビートからアンビエント、ジューク~ジャングルといったダンスミュージックまでも独自のフィルターを通しサウンドを形成、世界中の音楽シーンから注目を集めているLAビートシーンを代表するプロデューサーの一人。フライング・ロータス率いる<Brainfeeder>からこれまでにアルバム『In My Mind』、『Outmind』をリリースし、LAビートシーンの登竜門でもあるイベント<Low End Theory>にも頻繁に出演し中心人物の1人となっている。<Stones Throw>がディストリビューションするレーベル<Leaving Records>を2009年より主宰し、ラスGやサムアイアム、カルロス・ニーニョなどのLAのアーティストから、日本からもセイホーの最新アルバム『Collapse』をワールドワイドリリースするなど勢力的にリリースしている。また設立当初からカセットテープでのリリースなどでも話題を集めており、地元LA Weekly誌でも2016年の”Best Underground Record Label”を受賞するほどとなってきている

 

Video : Matthewdavid Boiler Room LIVE Show

 

 

 

 

 

 

Link :

Sound Museum Vision

Circus

JB’S

CLUB SHAFT

Stones Throw Records

Sophia Chang

Share on Facebook